最新ニュース
最新の解説記事

Valorantは今やEスポーツを語る中で欠かせない存在となっています。LoLの運営会社Riot Gamesが手掛ける新作として、リリース前から既に話題沸騰だったゲームでもあります。そんなValorantはeスポーツベット業界でももちろん注目を集めています。

ここだけの話、Valorantのベットって狙い目なんです…!新作ゲームなだけに、まだまだプレーヤーも情報も少ない今だからこそ、高オッズやリージョン大会など稼げるチャンスが多いんです。国内でもまだまだ情報が少ないので、今回はValorantに賭けるための様々な情報をご紹介していきます。

valorant 賭け
@Riot Games

Valorantとは

Valorant(ヴァロラント)は、2020年にアメリカのRiot Games社が開発したFPS型の最新オンラインゲームです。Riot Games社は世界で絶大な人気を誇るあのLoLを手掛けたゲーム開発会社です。現在のプレイ人口は毎月1400万人超え!対戦数は5億回を突破しeスポーツベットでもどんどん動きが活発になっているビッグタイトルです。

eスポーツとしての将来性を想定して作られている

Valorantは、”eスポーツ”として大会や競技を意識して作られているゲームと言われています。個人のHPが少ないためそれだけ仲間との連携が求められ、チームで様々なアビリティ(スキル)を駆使し戦略的に闘っていく必要があるためです。キャラクターやマップ、武器などの調整を頻繁に行っており、マップやチームの特性に応じて「最適な構成」を考えながら対戦しないといけないということから、競技性が高いとされています。

→ ここからValorantニュースで最新のValorant情報をチェックできます。

大手ブックメーカーも注目

Valorantがeスポーツとして盛り上がれば、ブックメーカーでもValorantに賭けて勝つ確率がグッと上がります。ValorantがLoLのように一世を風靡する前に!ブックメーカーでベッティング対象として研究しておきましょう。

Valorantを採用しているブックメーカー

ライブeスポーツオッズ

Champions League
02/12/2022 14:50 UTC
Hydra
vs.
YNT
CBCS Finals
02/12/2022 15:00 UTC
ODDIK
vs.
Arctic
European Pro League
02/12/2022 16:00 UTC
Cyber Union
vs.
Mind Games
ESEA Advanced Europe
02/12/2022 17:00 UTC
los kogutos
vs.
Leo
Champions League
02/12/2022 17:00 UTC
Hydra
vs.
GameAcces

ここでValorantに賭けれるブックメーカーをご紹介します。ライブベットが行えるブックメーカーもあるので、盛り上がる事まちがいなし!

・ピナクル – 高オッズを自慢し、eスポーツを取り揃えるブックメーカー
・bet365 – 老舗かつトレンドへの対応が早いためeスポーツにも特化
・22BET – ライブベットもありサイトがわかりやすい
・Betway – eスポーツに力を入れているためゲームジャンルが豊富
・1XBET – キャンペーンが充実、eスポーツのライブも楽しめる
・スパカジスポーツ – サイトがわかりやすく初心者向けのサイト

そもそもValorantに賭ける必要があるの?

拡大はしているもののまだ駆け出しのValorant。そんなタイトルにわざわざ賭ける必要があるのか?疑問に思ってもおかしくはありません。なぜ、敢えてValorantに賭ける必要があるのでしょうか。

①プロプレーヤーがValorantに集まる?!

ValorantはFPS型のゲームなので、他のFPSゲームからプロゲーマーが転向してくることもザラにあるのです。CS:GOやOverwatch(オーバーウォッチ)からの移行は典型例と言えます。ゲーム方式が似ていることもありますが、新興市場であるValorantそしてRiotの最新プロジェクトにより惹かれることが理由でしょう。Valorant自体が盛り上がれば市場もより拡大するはずなので今のうちからValorantへのベットに慣れておきましょう。

②プレーヤーが少ない今が狙い目!

最新ゲームのValorant。それだけにまだValorantへのベッティングの認知度が上がるには時間がかかります。
ですがそこが狙い目!「勝つ可能性が高いベッターが少ない」市場のため、Valorantに賭けることができるブックメーカーは他のゲームよりも賞金が高いんです。
特に狙いたいのが、国内やリージョン(地域)トーナメント!まだまだブックメーカーが甘いオッズを設定していることが多いからです。これはベッターが抑えておきたいポイントですね!

③業界最大手だからこそ高額賞金が手に入る…?!

Valorantは、世界最高賞金額を叩き出すLoLの後輩なだけにLoLに並ぶ、または超えるコンテンツ数やクオリティが期待されています。LoLといえば、世界大会の賞金額が数億円を超える巨大ベッティング市場でありベッティングでの賞金も右肩上がり…… ということは、Valorantも高額賞金が狙えるゲームタイトルに成長すること間違いなし!ということで、爆発的な競技人口になる前にベット攻略することは将来の投資になるはず。

Valorantのトーナメント:世界大会VCT

2020年のリリースからわずか2年(2022年9月時点)しか経っていないValorantですが、既に大会賞金の総額は20億(1500万ドル)超え!やはり、規模感がレベル違いの新星タイトルですね。Valorantは、Riot Gamesが主催する’VALORANT Champions Tour’=通称VCTが毎年世界各地で開催されています。このトーナメントは主に以下の3大会で構成されます。

もちろん日本でもトーナメントが開催されていて、国内で勝利すると国際トーナメントである’Masters’への出場が認められます。世界の強豪たちを勝ち抜いたチームはValorant最大の世界競技イベント’VCT Champions’への参戦権を手にするのです!

ZETA VALORANT
@Riot games

2022年のVCT国際大会では日本代表チームである’ZETA DIVISION’が世界3位の偉業を達成し大きな話題を呼びました!世界に日本の強さを見せつけeスポーツ界を激震させた快挙であり、同時にValorant市場にスポットライトがさらに当てられる機会ともなりました。ちなみに、ZETA DIVISIONの獲得賞金は約1,200万円(8,500ドル)でした。Valorantに賭けるなら、この世界最大級トーナメントは絶対に見逃せません!

まとめ

ベッターの血が騒ぐポイント満載のValorantはいかがだったでしょうか?オンラインスポーツに興味のある人であれば「あの!Riot Games社がリリースした最新ゲーム」というだけで注目度が急上昇するのも納得のはずです。数々のビッグトーナメントを主催運営する経験があるだけに、ブックメーカーやベッターたちがValorantに賭ける際の期待も比例して大きくなります。国際トーナメントVCTも賞金総額がどんどん上がっているだけに、ブックメーカーでマークしない手はありません。稼げる可能性を大大大!のValorantでぜひベットを楽しんでみてください。