シェアする
最新ガイド

ゲームが好きな人ならSNSやネットニュースで目にすることが多い、「RAGE」という単語。よく見るものの、一体何か知らない方も多いのではないのでしょうか。eスポーツ×エンターテインメントを掲げた、日本最大級のeスポーツの総合イベントブランドのことで、主に『Apex Legends』『VALORANT』『Shadowverse』の公式大会やイベントを開催しています。

今回は、RAGEの概要や、大会やイベントに関する情報、参加方法をご紹介します。興味がある方や「いつか参加したい!」と思っている方は是非、最後までお読みくださいね。


@RAGE

「RAGE」とは?日本最大級のeスポーツ総合イベントブランド

「RAGE」とは株式会社CyberZ、エイベックス・エンタテインメント株式会社、株式会社テレビ朝日の3社が協業で運営をしている、eスポーツの総合イベントブランド。eスポーツが日本で注目され始める前よりスタートし、eスポーツの将来性を見越して着々と活動を重ね、そのブランド力を高めています。

eスポーツを盛り上げるために欠かせない、大会やイベントを開催

RAGEは日本における人気ゲームタイトルである、『Apex Legends』『VALORANT』『Shadowverse』の「公式大会」、オンラインやオフラインにて一般プレイヤーに対するeスポーツの「イベント」、プロチームが戦う「プロリーグ」を定期的に開催しています。

プロのeスポーツ選手やストリーマーたちが対戦する様子を見て、一般プレイヤーたちが熱狂し、憧れるという構図はeスポーツの発展に重要です。海外に比べてeスポーツの知名度が低かった日本において、オンラインやオフラインで開催される大会やイベントは、eスポーツを活性化させ、盛り上げるために欠かせないものでした。

観戦者が盛り上がるような演出やこだわりが「RAGE」を大きくした

日本でのeスポーツに関する大会やイベントの先駆けとなった存在なので、はじめてeスポーツの大会観戦やイベントに参加したい方は、RAGE開催のものをおすすめします。何故なら、こだわりを持って企画や準備が行われているから。初回の大会から予算度外視で演出にこだわり、観戦者が楽しめる工夫を徹底的に行ったことで、注目を浴びました。大会やイベントは回を追うごとにクオリティが増しており、一般参加者から絶賛の声があがっているほど。

RAGEは、eスポーツの総合イベントブランドとして、確固たる地位を築いています。2022年6月に埼玉スーパーアリーナで行われた、VALORANTの公式大会『2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage2 Playoff Finals』では、国内最多動員数を記録する2万6千人超が来場し、日本のeスポーツ大会において最多の記録を更新しました。

より詳しく知りたい方は、RAGEが開催するVAROLANTの公式大会の記事もをご覧ください。

「RAGE」が主に取り扱うゲームタイトルとは?

日本のeスポーツ競技の中で特に人気が高く、注目されている『Apex Legends』、『VALORANT』、『Shadowverse』の3タイトルを主軸に、大会やイベントを開催しています。現在では、上記3タイトルをメインに活動を行っていますが、これまで、『Fortnite』『Rainbow Six Siege』『TEPPEN』『モンスターストライク』『ブロスタ』『ZENONZARD』『PUBG mobile』『大乱闘スマッシュブラザーズ special』『Winning eleven』といった様々なゲームの大会やイベントを開催しています。

「RAGE」の大会の賞金は?
‐ Shadowverse、APEX、VALORANTそれぞれの賞金をご紹介

eスポーツの大会には、多額の賞金が定められているものがあります。昨今はeスポーツが注目され始め、日本でも多くの賞金総額を獲得できるようになってきています。ここからはゲームタイトルごとに、過去に開催や協賛をした大会の賞金をご紹介します。

今回は『Shadowverse』『Apex Legends』『VALORANT』のeスポーツ大会を取り上げますが、他のゲームタイトルも含め、世界中で沢山の大会が開かれています。

より詳しくeスポーツの大会について知りたい方は、eスポーツの大会の記事もご覧ください。

「RAGE Shadowverse 2022 Summer」の賞金

「RAGE Shadowverse 2022 Summer」は2022年5月から予選を行い、6月19日に決勝戦が行われた、カードバトルゲーム『Shadowverse(シャドウバース)』の大会です。優勝賞金は1000万円で、優勝したういはら選手が獲得しました。今大会の賞金は下記の通りとなっています。

優勝1000万円
準優勝400万円
3位タイ100万円
5位タイ45万円

本大会の賞金はグランドファイナルでの戦績だけでなく、予選最終戦績から支払われています。

「Apex Legends Global Series Championship 2022」の賞金

「Apex Legends Global Series 2022」はALGSの略称で親しまれている、バトルロワイヤル型FPSゲーム『APEX Legends』の大会です。「ALGS Championship 2022」は2022年7月7日から行われ、7月10日に決勝戦が行われました。本大会の賞金総額は200万ドル。優勝賞金は50万ドル(約7000万円/1ドル142円換算)で、オーストラリアの「DarkZero」チームが獲得しました。今大会の賞金は下記の通りとなっています。

優勝$500,000
準優勝$300,000
3位$200,000
4位$160,000
5位$120,000

「RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT Powered by GALLERIA」の賞金

「RAGE VALORANT JAPAN TOURNAMENT Powered by GALLERIA」は2020年8月1日、2日に開催されたタクティカルシューターFPSゲーム『VALORANT』の大会です。募集チームは238チームで、本大会の賞金総額は500万円。優勝賞金は300万円で優勝した「Absolute JUPITER」が獲得しました。今大会の賞金は下記の通りとなっています。

優勝300万円
準優勝100万円
3位75万円
4位25万円

「RAGE」のチケットの購入は誰でもできる?

RAGEの大会やイベントのチケットは、オンラインで誰でも購入することができます。抽選販売を望まれる声が多くあがっているものの、当選確率を上げるための重複申込が多く見込まれてしまうため、2022年9月に行われるVAROLANTの大会のチケットは先着順での申し込みになっています。(※2022年9月現在)参加したい方は、公式ページや公式Twitterで発表されるアナウンスをチェックしておきましょう。

「RAGE」の大会のオンライン観戦方法

RAGEが開催する大会は、オンラインでの観戦が可能となっています。ゲームタイトルによって配信メディアは異なりますが、基本的に「Youtube」「Twitch」「OPENREC.tv」での配信となります。オンライン観戦は無料のため、気軽に視聴することができます。

『Apex Legends Global Series(略称:ALGS)』の大会は観戦することで『Apex Legends』のゲーム内で使用できる、限定仕様のスキンやチャーム、バナーフレーム、壁紙が入手できるという特典まで用意されています。観戦するだけで特典が貰える大会が多く存在するため、観戦の際はチェックしておきましょう!

「RAGE」の大会、イベントの内容とは?APEXの2つの大会についてご紹介!

これまで数多く開催されてきた、RAGEの大会やイベントの内容はどのようなものなのか、今回は『Apex Legends』に焦点を当て、内容をご紹介します。

RAGE Apex

「RAGE Apex Legends 2022 summer」のオンラインイベント内容

2022年8月27日から28日の2日間、『Apex Legends』のみを扱った大型オフラインイベントが幕張メッセ国際展示場にて開催されました。『APEX』のみのイベントは国内初となり、ストリーマーでありYoutuberの「SHAKA」さんや「SPYGEA」さんをはじめとした、有名ストリーマーたちが多数集結。ストリーマーファンにはたまらないマッチを生で観戦することができます。

今回は、来場者の中から抽選で選ばれた「来場者チーム」が有名ストリーマーたちの中に入ってマッチの中で戦うことができるという夢のような企画もあり、大いに盛り上がりました。各eスポーツチームの物販コーナーやゲーミングPCメーカー「OMEN」、ゲーミングモニターを販売する「LGエレクトロニクス・ジャパン」による試遊コーナーが用意されているなど、試合観戦以外にも楽しめる要素が盛りだくさん。有名ストリーマーとの記念撮影やイベント側から招かれたAPEXキャラクターのコスプレイヤーとも撮影が出来る等、『APEX』好きなら誰もが大興奮するような内容のイベントとなっています。

「Apex Legends Global Series Championship 2022」の大会内容

2022年7月7日から7月10日まで開催された、「Apex Legends Global Series Championship」。大会はアメリカ・ノースカロライナ州ローリーのPCNアリーナにて行われ、YoutubeとTwicthで配信されました。

「Apex Legends Global Series(以下、ALSG)」はAPEXの世界大会で、エレクトロニック・アーツ(EA)が主催、RAGEが制作をしています。開催地域は「北米」「南米」「北アジア」「南アジア」「ヨーロッパ・アフリカ・中東」と計5つで開かれ、APEXの世界の頂点チームを決めるというもの。

Genburten選手が所属する「DarkZero」、ImperialHal選手が所属する「TSM」、日本からはYukaF選手が所属する「Fnatic」いった世界中から注目を集めるプロチームが参加し、毎試合熱い戦いを見せてくれました。

本大会では優勝チームは「DarkZero」。準優勝は「FURIA」、3位は「100 Thieves」、4位は「Fnatic」、5位は「GMT Esports」という結果に。高レベルなマッチの内容に、観客席もオンラインでの視聴者も大盛り上がりでした。RAGEは『VALORANT』『Shadowverse』の大会も多く開催しています。特に、『Shadowverse』は賞金が多いことで有名です。

詳しく知りたい方は、RageのShadowverse(シャドウバース)の大会記事もご覧ください。

まとめ

「RAGE」は日本で開催されるeスポーツ大会やイベントの中で最も多い動員数を記録し、オンラインでの大会配信もトップの視聴者数を誇ります。豪華な出演者を招き、ルールや演出の細かな部分にも配慮し、こだわりを持って開催される大会やイベントは見応えがあり、誰もが熱中してしまうようなクオリティの高さが約束されています。

この記事では、RAGEの概要や、チケット、大会の賞金、直近のAPEXイベントに関する情報をご紹介しました。興味のある方は大会に足を運んだり、オンラインで視聴してみてくださいね。RAGEがこれから更にどのような挑戦をし、我々にどんな世界を見せてくれるのか楽しみです。