シェアする
最新ガイド

昨今では日本でもeスポーツの大会の開催や視聴する人が増加してきました。eスポーツ自体の盛り上がりだけでなく、日本チームが世界で活躍したことが日本のeスポーツ人気を爆発させました。

中でもvalorantの世界大会でZETAが世界3位に輝いたことは全国ニュースでも取り上げられるほど話題になりました。zetaはvalorantの2022年では世界で最も人気のあるチームにも選ばれています。そこで今回は日本のeスポーツ人気を支えるチームの一つでもある「ZETA DIVISION」について紹介していきます。ヴァロラント部門の大会実績やメンバーの経歴を中心に紹介していきます。

ZETA VALORANT
@Riot games

ZETA DIVISIONとは?

zetaは日本の東京を本拠地として活動する「ゲーミングライフスタイルブランド」です。元々はプロゲーミングチーム「JUPITER」として活動しており、2021年7月8日から「ZETA DIVISION」へとリブランディングして活動を始めました。チームの運営・マネジメントは「GANYMEDE株式会社」が行っています。

会社名GANYMEDE株式会社
設立2017年10月23日
代表西原大輔
本社所在地〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町4-3 鈴円代官山ビル2F

GANYMEDE株式会社概要

zetaにはいくつかのスポンサーがついています。

スポンサー企業
日清食品株式会社
モンスターエナジージャパン合同会社
LEVEL∞ by iiyama
PLALAGGGG光
東海理化電機製作所
BenQ ZOWIE

日清やモンスターなど日常から聞きなじみのある企業もスポンサードしていますね。また、日清のカップラーメンは海外の人からの人気も高い商品です。zetaのvalorantのメンバーが国際大会に出場するために、海外に行く際には、海外選手にカップラーメンをお土産に持っていくこともあるそうです。

ZETA DIVISIONの部門紹介

現在、zetaには9個の部門があります。部門は以下の通りです。

Brawl Stars MOBILE

zetaの「Brawl Stars MOBILE部門」は2021年に行われた世界大会で見事優勝を果たした部門です。メンバーのsitetampo選手はeスポーツでも有名選手です。優勝を果たした世界大会では、大会MVPにも選出されています。2022年からは「ZETA DIVISION ONE」と「ZETA DIVISION ZERO」の2チーム体制で活動しています。

Call of Duty

zetaの「Call of Duty部門」は2021年8月10日に設立されました。メンバーは元・Libalent Vertexの全4人です。国内公式大会11連覇の絶対王者として君臨するメンバーで、今後の活躍も期待されています。

FORTNITE

zetaの「FORTNITE部門」は実は「JUPITER」時代に一度解散しています。解散から1年後に、プロゲーミングチーム「Green Leaves」との合併があり、それと同時に「FORTNITE部門」が再設立されました。

IdentityV

「IdentityV」の競技シーン開始当初から活躍し、大会を盛り上げてきたメンバーが多く所属しています。国内大会では3連覇を果たし、王者として認知されています。

PUBG MOBILE

2021年から開幕した賞金総額3億円の国内プロリーグ「PUBG Mobile Japan League」に出場しています。Season1 Phase1では総合9位を獲得しています。

valorant

ZETAの「valorant部門」は国内だけでなく、世界でも活躍するチームです。「VCT Masters 2022 Stage1」では見事世界3位に輝いています。初戦は惨敗し、世界的にもすぐに大会から敗退していくと思われていました。しかし、そこから高い修正力を元に、世界各国の強豪チームに勝っていく姿はまさに、爽快そのものでした。そんなこともあり、zetaは海外からの人気も高く、2022年の世界で人気のvalorantチームで1位にもなっています。世界的にも注目されるチームになったので、zetaが今後どんな活躍をしていくのか非常に楽しみですね。

valorant GC

ZETA DIVISIONの「valorant GC部門」は現在3人で活動しています。今後メンバーが揃い次第どのような活動をしていくのか非常に楽しみなチームです。

valorant ACADEMY

国内のvalorant競技シーンで活躍が期待されているメンバーを育成するACADEMYチームです。コミュニティ大会に出場し、活躍もしているので、今後の活躍が非常に楽しみなメンバーが揃っています。

CREATOR

現在、zetaの「CREATOR部門」には14人のメンバーが在籍しています。zetaにリブランディングしたタイミングで「関優太さん(Stylishnoob)」が加入したことでも話題になりましたね。また、k4senさんが加入する際には、関優太さんのzeta加入発表を完全コピーをし話題にもなりました。個性豊かなユーモア溢れるメンバーが揃っているのでぜひチェックしてみてください。

ZETA DIVISION・valorantのメンバー紹介

ここからは世界でも活躍したzeta・valorant部門のメンバーを紹介していきます。

ハンドルネームLaz
生年月日1995年11月26日
出身地神奈川県
部門valorant
役割チームリーダー
Twitchwww.twitch.tv/lazvell
YouTubeチャンネルwww.youtube.com/user/lazvell
Twitter@lazvell

Lazさんはzetaの「valorant部門」でチームリーダーとして活躍するメンバーです。valorantを始める前は、「Counter-Strike:Global Offensive(以下CS:GO)」のプロプレイヤーとして活躍していました。ゲーミングチーム「Absolute」として2015年に初めて競技シーンに参加しました。

Laz選手は以下のチームに所属してきました。

歴代所属チーム所属期間
Absolute2015年~2016年3月19日
Rascal Jester Absolute2016年3月20日~2016年11月25日
SCARZ Absolute2017年2月23日~2018年12月
Absolute2018年12月~2020年3月
Absolute JUPITER2020年4月7日~2021年7月8日
ZETA DIVISION2021年7月8日~

「Absolute JUPITER」に加入する2020年4月までは、CS:GOの選手として活動していました。そして、2020年4月からvalorantに転向して活動しています。2022年8月31日から行われた「VCT Champions 2022」では、第2戦の第2マップをエースで締めくくる大活躍で、第2戦終了時点で、世界1のチェンバー使いとして名を連ねていました。

ハンドルネームcrow
生年月日1997年11月28日
出身地神奈川県
部門valorant
役割IGL
Twitchwww.twitch.tv/crowfps__
YouTubeチャンネルwww.youtube.com/channel/UCdpwgXpC6jXAnj_dJryvFMg
Twitter@no960fps

crowさんは、zetaの「valorant部門」でIGL(In Game Leader)を務めるメンバーです。CS:GOの選手のころからLazさんと同じチームで競技シーンに参加してきた選手です。
crowさんは以下のチームに所属してきました。

歴代所属チーム所属期間
Absolute2015年~2016年
Rascal Jester Absolute2016年~2017年
SCARZ Absolute2017年~2018年
Absolute2018年1~2020年
Absolute JUPITER2020年~2021年
ZETA DIVISION2021年~

2017年にLazさんとともに、CS:GOの世界大会で当時世界ランキング9位だった「Fnatic」にスコア14-16の大接戦の末に敗れています。しかし、2022年に行われた「VCT Masters 2022 Stage1」では、メンバーは違えど、「Fnatic」に対して見事勝利をおさめ、リベンジを果たしています。

ハンドルネームDep
生年月日2000年12月4日
出身地東京都
部門valorant
役割東京都
Twitchwww.twitch.tv/dep_ow
YouTubeチャンネルwww.youtube.com/channel/UCu-PpmaPulFqKjZ9LJQh4Hg
Twitter@Dep_ow

Depさんはzetaの「valorant部門」で率先してエントリーするデュエリスト的な役割と、チームのムードメーカーを担っています。valorant以前には、「Overwatch」、「PUBG」でもプロとして活躍していた選手です。

Depさんは以下のチームに所属してきました。

歴代所属チーム所属期間
HarmoniX Gaming2018年1月~2018年1月22日
Unsold Stuff Gaming2018年2月17日~2018年4月14日
Green Leaves2018年4月~2018年5月
CYCLOPS2018年5月~2018年11月19日
SCARZ2018年12月26日~2019年4月16日
Crest Gaming Xanadu2019年4月20日~2020年1月17日
REJECT2019年4月20日~2020年1月17日
ZETA DIVISION2021年~

2018年11月19日の「CYCLOPS」に所属していたころまでは、「Overwatch」のプロとして、2020年1月17日の「Crest Gaming」に所属していたころまでは、「PUBG」のプロとして活躍しています。valorantではDepさんにしかできないような敵の倒し方をすることもあり「神の子Dep」とも呼ばれています。過去にはvalorantのスナイパー武器「オペレーター」でスコープを覗かずに、近距離の戦闘に勝ってしまうなんてこともありました。

ハンドルネームSugarZ3ro
生年月日2003年3月18日
出身地不明(日本)
部門valorant
役割コントローラー
Twitchwww.twitch.tv/sugarz3ro
YouTubeチャンネルwww.youtube.com/channel/UCPCcStvpgvyRTf5Ltz4uWuA
Twitter@SugarZ3roVL

SugarZ3roさんは元は「Northeption」で、現在「Crazy Raccoon」に所属している、Astellさん、Meiyさん、Seoldamさんと共に活躍していたメンバーです。SugarZ3roさんは以下のチームに所属してきました。

歴代所属チーム所属期間
Nortehption2021年2月6日~2021年12月1日
ZETA DIVISION2021年12月1日~

valorantのプロとして活躍する以前は、レインボーシックスシージのプロとしても活動していました。SugarZ3roさんは、海外からの評価も非常に高く、「世界No.1のアストラ使い」とも言われています。また、チームを救うプレイをすることも多く、その姿から「SugarH3ro」とも呼ばれています。

ハンドルネームTENNN
生年月日2001年10月19日
出身地静岡県
部門Valorant
役割フレックス
Twitchwww.twitch.tv/tennn
YouTubeチャンネルwww.youtube.com/channel/UC-aFV-SWuXvFX-Iqd9rJ6lA
Twitter@tenhakyou

TENNNさんは、ZETA DIVISIONに加入する前にSugarZ3roさんと共に、「Northeption」で活躍してきたメンバーです。

TENNNさんは以下のチームに所属してきました。

歴代所属チーム所属期間
Wackstum2018年~2018年11月10日
Green Leaves2018年12月4日~2020年6月30日
DetonatioN Gaming2020年7月1日~2021年3月22日
FAV gaming2021年5月14日~2021年6月28日
Northeption2021年7月3日~2021年12月1日
ZETA DIVISION2021年12月1日~

TENNNさんはvalorantをプレイする以前に、2020年6月30日まで「Overwatch」のプロとして活躍していました。「Overwatch」のプロとしては、日本代表として世界大会に出場した経験も持っています。「VCT Champions 2022」では、目の病気が発覚し、出場が危ぶまれましたが、無事に出場することができていました。

ハンドルネームXdll
生年月日2006年
出身地広島県
部門Valorant
役割フレックス
Twitchwww.twitch.tv/xdll_vl
YouTubeチャンネルwww.youtube.com/channel/UC-aFV-SWuXvFX-Iqd9rJ6lA
Twitter@XdllVL

Xdllさんは、TENNNさんが目の治療のため「VCT Champions 2022」に出場できない可能性があったため、「SCARZ」からzetaにスタンドインで参加したメンバーです。

Xdllさんは以下のチームに所属してきました。

歴代所属チーム所属期間
BLUE BEES2022年2月14日~2022年7月28日
SCARZ2022年7月28日~
ZETA DIVISION2022年7月30日~

「VCT Champions 2022」では、TENNNさんが無事に出場できたこともあり、Xdllさんは試合に出場することはできませんでした。

しかしながら、約1か月間海外でブートキャンプを行い、様々な国のチームとスクリムを行った経験は間違いなくXdllさんの力になると思います。

この経験を活かして今後どんな活躍を見せてくれるのか非常に楽しみな選手です。

ZETA DIVISION・valorantの大会実績

ここでは、世界でも活躍したzeta・valorant部門の大会実績を紹介します。

日程大会名順位
2020年6月RAGE Valorant JAPAN INVITATIONAL Powered by GALLERIA優勝
2020年8月RAGE Valorant JAPAN TOURNAMENT優勝
2020年8月GALLERIA GLOBAL CHALLENGE 2020優勝
2020年9月A.W EXTREME MASTERS Pro Invitationa優勝
2020年9月ASIA Valorant SHOWDOWN準優勝
2020年10月Valorant Mildom Masters優勝
2020年10月A.W EXTREME MASTERS Asia Invitational準優勝
2020年11月Valorant FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE 予選優勝
2020年12月Valorant FIRST STRIKE JAPAN Powered by RAGE 決勝優勝
2020年12月eGG esports challenge G-Tune Valorant INVITATIONAL優勝
2021年2月VCT Challengers 2021 Stage1 Main Event Group B1位
2021年2月VCT Challengers 2021 Stage1 Main Event Group A1位
2021年3月VCT Challengers 2021 Stage1 Masters準優勝
2021年4月VCT Challengers 2021 Stage2 Group G1位
2021年4月VCT Challengers 2021 Stage2 Main Event Group B1位
2021年5月VCT Challengers 2021 Stage2 Playoff2位
2021年7月VCT Challengers 2021 Stage31位
2021年8月VCT Challengers 2021 Stage3 Playoff優勝
2021年8月VCT Masters 2021 Stage313th-15th
2022年2月VCT Challengers 2022 Stage1 Qualifiers1位
2022年2月VCT Challengers 2022 Stage 1 Main Event Group B1位
2022年3月VCT Challengers 2022 Stage 1 Playoff優勝
2022年4月VCT Masters 2022 Stage 13位
2022年6月VCT Challengers 2022 Stage 2 Main Event Group B1位
2022年6月VCT Challengers 2022 Stage 2 Playoff2位
2022年9月VCT Champions 20229th-12th

zetaは国内大会では上位にほぼ毎回入賞し、世界大会の出場経験も2度あります。前回の世界大会「VCT Masters 2022 Stage1」では世界3位と日本勢で最高の順位を獲得することもできました。初戦は「DRX」に惨敗したもののそこからの快進撃は止まらず、大会中に「DRX」へのリベンジも果たしています。そんなシンデレラストーリーからzetaは海外でも人気のチームです。

zetaが大会で勝利するとLazさんの「NICE」の声を編集した「NICE.remix.mp3」が流れるようにもなりました。これまで日本地域は、eスポーツ後進国と呼ばれるほど、eスポーツの大会ではマイナーリージョンでした。そんなイメージを払拭したのも、このzetaの躍進でした。「VCT Champions 2022」では、快進撃が再び期待されていました。しかしながら、TENNN選手の目の病気などのアクシデントが発生し、チームとして十分な練習時間を確保することができませんでした。そんな中でも、グループステージでは「BOOM Esports」に勝利しています。

最終的には優勝候補の一つである「LOUD」に対して、惜しいラウンドを作りながらも2度敗れています。2022年のzetaの戦いは終わってしまいましたが、世界のトッププレイヤーと遜色のないプレイを見せており、2023年以降の活躍も期待できるチームです。

大会で活躍したZETA DIVISIONへの海外の反応

「VCT Mastres 2022 Stage1」以降、zetaは海外からも注目されるチームになりました。そこでここでは、zetaへの海外の反応を紹介していきます。

vs BOOM Esports

    • LazはKD+30でFB7か。完全に化け物だ
    • Lazはzetaのトップを走り続けてる
    • BOOMの選手はLazのチェンバーを見るたびにピークするのを怖がっていた

vs Fnatic

  • 臨機応変なスキルの使い方でFnaticを破壊した
  • 今日みたいなパフォーマンスができればベスト4まで行けると思う
  • BOOMの選手はLazのチェンバーを見るたびにピークするのを怖がっていた。

vs Ninjas in Pyjamas

    • マジTENNN好きだわ
    • マジで最高の逆転劇だった
    • zetaはエイムゴリラを何匹か飼ってるっぽいね

vs G2 Esports

  • zetaが2-0で勝っててもおかしくない試合だった
  • アジアのチームは去年のValorant Championsからかなり強くなってきてるし、何より見てて面白い
  • もはや今までの弱いイメージは完全に無くなった

vs Team Liquid

    • もはやSugarH3ro(シュガーヒーロー)って呼んだ方がいい
    • 唯一無二の才能を成熟させるためにLCQを辞退して、実際に結果を出したzetaのプロセスは美しい

vs DRX

  • 間違いなくvalorant史上最高のシンデレラストーリー
  • 最後のラウンドは今まで見たvalorantの中で一番美しかった
  • crowは縁の下の力持ち。スタッツには現れない、すさまじい量の仕事をこなしている

vs Paper Rex

    • SugarZ3roは過ぎ去ったアストラメタを力づくで引き戻した
    • 一番多く試合をこなして、考えうる限り一番大変な道を通ってきてて、まだ終わってないのがヤバい
    • SugarZ3roは間違いなく世界一のアストラ使い

vs Optic Gaming

  • zetaは十分よくやった。最後まで俺の心をつかんで離さなかった
  • 今回の躍進劇は一生記憶に残り続けると思う
  • zetaのおかげでvalorantがもっと好きになれた

zetaのvalorantが海外でも高い評価を得ていることが分かりますね。特にLazさんの丁寧かつ繊細なAIM力やSugarZ3roさんのアストラは海外でも人気が高いことがわかります。

まとめ

今回はZETA DIVISIONのvalorant部門の選手や大会実績を中心に紹介してきました。ZETA DIVISIONは海外からの評価も高いことが分かりましたね。また「VCT Masters 2022 Stage1」で見せたシンデレラストーリーから、世界で一番人気のあるチームにもなっています。「VCT Champions 2022」では惜しくもグループステージを突破することはできませんでしたが、2023年以降の大会での活躍も楽しみになる試合内容でした。ぜひ今後のvalorantのesports競技シーンではZETA DIVISIONに注目してみてください。