シェアする
最新ガイド

『VALORANT(ヴァロラント)』はeスポーツ界で現在大きな盛り上がりを見せる、ゲームタイトル。最大同時視聴者数が100万人を超える大規模な公式大会、『VALORANT Champions Tour』が毎年開催されています。

かつてeスポーツ後退国と言われていた日本ですが、日本チーム「ZETA DIVISION」は国際大会でアジア1位、世界9~13位を獲得。世界に通用する日本プレイヤーは、続々登場しています。今回は世界でも注目を浴びている、Laz選手やSugarZ3ro選手をはじめとする、国内の最強プレイヤーをランキング化してご紹介します。世界最強プレイヤーにも触れているので、最後までお読み頂けると嬉しいです!

Valorant 最強プレイヤー

【国内】VALORANT最強プレイヤーランキング

世界大会でも活躍している、日本国内の『VALORANT』の最強プレイヤーをご紹介します。アジア1位に輝いた「ZETA DIVISION」をはじめ、「FAV gaming」「Crazy Raccoon」といった様々なチームから、各大会での功績を吟味してランキング化しています。尚、このランキングは、現在(2022年9月時点)日本が拠点のプロチームに所属する、国内選手を対象に作成しています。

VALORANT日本最強プレイヤー第1位:『Laz』

VALORANT最強といったらこの人、「ZETA DIVISION」に所属するLaz選手。公式世界大会『Valorant Champions Tour 2022』ではチームを牽引する驚異的な強さを見せていました。Laz選手が活躍していると観戦客が沸き立ち、「ナイス!」の声が飛び交います。厳しい状況でも試合の流れを変え、「ZETA DIVISION」を勝利へと導くプレイヤーです。使用キャラは主にチェンバー。SRとシェリフを使いこなし、精度の高いエイム力で敵を次々と倒す姿は圧倒されます。

どんな状況でも強気に動けるメンタルの強さはチームの要!

印象的だったのは『VALORANT Champions 2022 İstanbul』における、対戦相手「BOOM Esports」との試合の2マップ目。不利な状況からLaz選手のACE(相手チーム5人をキル)によって、マップ勝利を決めるという土壇場での底力を見せました。どんな状況でも強気な姿勢を崩さず、不利な状況をも覆すメンタルの強さはチームの要。その姿勢は「本人が積み重ねてきた実力は、簡単には消えない」という考え方によるもの。高いエイム力だけでなく、自分がどう動けばチームを良い方向へ導けるかを判断し、戦略的な立ち回りをできるのが強味です。

世界大会『VALORANT Champions 2022』でも認められた実力

Laz選手は公式配信で発表された、『VALORANT Champions 2022』におけるチェンバー使いのAvarage Combat Score(ACS)ランキングで1位にランクイン。2位のNA代表チーム「OpTic Gaming」のyay選手を抑えて1位を獲得できるほど、世界のプロ選手と比べても秀でた戦績を残しています。

公式世界大会『VALORANT Champions』について詳しく知りたい方は、「VALORANTの公式世界大会『VALORANT Champions』とは?」をご覧ください。

VALORANT日本最強プレイヤー第2位:『SugarZ3ro』

第2位は「ZETA DIVISION」に所属するSugarZ3ro選手。SugarZ3ro選手はLaz選手と同列で語られることが多い、素晴らしいプレイヤーの1人です。公式世界大会『VALORANT Champions 2022 İstanbul』ではアストラを使用し、モクを上手く使用した戦い方で1VS3クラッチを決めるなど不利な状況を何度も覆しました。撃ち合いの強さは間違いなくトップクラスの実力で、フィジカル面で圧倒的な強さを誇ります。ピンチを救うチームのヒーロー。

攻守共に安定した世界レベルのコントローラー

使用キャラは「アストラ」や「ヴァイパー」が多く、世界レベルのコントローラー。攻めるべき時はしっかりと攻め、守るべき時はしっかりと守り、攻守共に安定した立ち回りを見せます。全体の戦況を把握しながら、大事な場面を切り抜けられる確かな実力は、入念な研究と地道な練習の賜物。「ZETA DIVISION」の中で最年少ではありますが、物怖じせず積極的なコミュニケーションを取っていけるところも素晴らしい選手です。スキルの使用タイミングや使い方はピカイチで、高いエイム力と共に敵部隊を殲滅していきます。チームが厳しい状況を何度も救ってきた、ヒーローのような存在です。

VALORANT日本最強プレイヤー第3位:『Dep』

第3位は「ZETA DIVISION」に所属するDep選手。『VALORANT Champions 2022』にて更なる成長を見せ、期待されている選手の1人です。キルを量産し、チームの勝利に貢献してきたDep選手は”神の子”と呼ばれるほどの高いエイム力が持ち味。競技シーン初期から最強のジェットといわれてきました。どのキャラクター、ロールでも広く使いこなすことができるポテンシャルの高さがあり、積極的に前へ出てキルをし、チームを引っ張っていく存在です。

連携力が身に付きチームの士気を上げる欠かせない存在

エイム力があり、万能ではあるものの、初期は個人技に頼っている印象がありました。しかし、現在ではチームメイトと連携し、練られた戦略と共にしっかりと動ける選手に成長。チームの為に出来ることは何かを考え、チームメンバーの顔色を見ながら、士気をあげる為に声かけをする姿も印象的です。『Valorant Champions Tour 2022 Masters Reykjavik』における、 対戦相手「Ninjas in Pyjamas」 との試合では、絶望的な状況に。その中でDep選手は「諦めんな、諦めんな」とチームメンバーに声をかけ続け、見事勝利。その声かけは、チームメンバーの支えとなりました。

Dep選手の能力の高さで、チームメイトと連携できる力を身に着けたとなれば、どのチームからも脅威の存在となるに違いありません。今後、更なる活躍に期待できる選手です。

Zeta Valorant
@Riot games

VALORANT日本最強プレイヤー第4位:『TENNN』

第4位は「ZETA DIVISION」に所属するTENNN選手。タクティカルFPSへの理解度の高い、頭脳派アタッカーです。ロールはデュエリストを主に担当し、先陣を切って敵をキルしていける確かな実力を持ちます。デュエリストのキャラクターであるレイズを使いこなす一方で、イニシエーターのスカイ、KAY/O、センチネルのセージも上手く使用し、チームを勝利に導いてきました。

戦況を把握し、常に冷静に立ち回れる、万能アタッカー

戦況を見ながらチームの勝利に繋がる立ち回りができる、万能プレイヤー。アタッカーとして高い撃ち合い力がありながら、常に冷静な判断を行い、柔軟に対応できるところがTENNN選手の強みです。『Valorant Champions Tour 2022 Masters Reykjavik』 における対戦相手「Ninjas in Pyjamas」との試合では、3マップ目のフラクチャー戦 にて、8-12と相手にリードを許します。その中でも諦めない姿勢を保ち続け、的確な位置から敵を連続キル。チームを勝利に導いた姿に誰もが熱狂しました。2022年7月頃、右目に網膜疾患を患い、一時休養の発表がありました。『VALORANT Champions 2022』初戦のブラジル代表「LOUD」との重要な試合では、完治してはいないものの復帰し、優勝チームと熱い戦いを繰り広げました。

VALORANT日本最強プレイヤー第5位:『crow』

第5位は「ZETA DIVISION」に所属するcrow選手。「ZETA DIVISION」のIGL(司令塔)を勤め上げる、チームの縁の下の力持ちです。立ち回りとしては徹底したサポートが得意な選手。その実力は、サポーターとしては国内1位といっても過言ではないほど。戦況とチーム全体の動きを見ながら、チームに指示を出し、勝利に導きます。crow選手の索敵やスキルにより、他選手がキルを獲得するシーンは数多くあります。

サポートの上手さは国内1位!徹底したサポートで勝利へ導く

少ない時間の中で最適を導き出し、チームの不足を補える「チームの心臓」のような存在。サポートが上手い選手ではありますが、チームメンバーがキルされてしまった際の少人数戦での勝負強さも印象的です。ロールはイニシエーターを担当し、難易度の高いソーヴァとブリーチを使いこなせる貴重な存在。IGLをしながら正確なサポートをできるという強みがあり、替えの効かない選手です。

VALORANT日本最強プレイヤー第6位:『Fisker』

第6位は「FAV gaming」に所属するFisker選手。担当ロールはデュエリスト。ジェットを使用することが多く、前に出て敵を立て続けにキルしていくその姿は,、正に理想のアタッカーです。『2022 VCT Stage2 – Challengers JAPAN Playoffs』では敵チーム「SENGOKU Gaming」に対し、2連続ACEという驚きの戦績を収めました。

覚醒時は誰にも止められない、パワフルなアタッカー

スナイパーライフルのオペレーターの正確性が高く、Fisker選手が”乗っている”時は、ほぼ100発100中。シェリフの当て感も良いため、調整ラウンド、エコラウンド両方でも勝利を狙えるという、チームにとって有難い存在です。単純に撃ち合いが強く、パワーでチームを勝利に導く力を持っている選手です。

VALORANT日本最強プレイヤー第7位:『Rion』

第7位は「Crazy Rcoon」に所属するRion選手。国内最強のオーメンの使い手。安定感があり、フィジカルも強く、1人で敵を倒していける実力がある選手です。ロールはコントロールを担当し、オーメンのOTP(One Trick Tony=1キャラしか使えないという意味)。キャラクター調整や環境の変化により、オーメンを競技シーンで見ることは少なくなったものの、未だにオーメンを使い続けている姿勢は応援したくなってしまいます。

国内最強のオーメン使い。ブレない安定感で勝利を掴む

1キャラのみを使用し続けていることもあり、キャラクター理解度が深いことも常に安定した強さを維持できている理由の1つ。『VCT 2022 East Asia Last Chance Qualifier』では、不利な状況から敵をなぎ倒し、チームを救うシーンが多くありました。Rion選手が所属する「Crazy Rcoon」は、国内のプロゲーミングチームであると同時にeスポーツの大会を開催しています。国内のeスポーツを盛り上げ、発展に貢献しようという意図の大会で、『CRカップ VALORANT』には著名なVtuberやストリーマーが参加し、対戦を行います。

上記大会をより詳しく知りたい方は、「CRカップVALORANTとは?」をご覧ください。

ヴァロラント

VALORANT日本最強プレイヤー第8位:『neth』

第8位は「Crazy Rcoon」に所属するneth選手。タクティカルFPSへの深い理解度があり、フレキシブルな戦い方をできるのが最大の特徴です。レイズの使い手ではあるものの、チームに足りない他のキャラクターもそつなくこなせる万能選手。作戦の引き出しが多く立ち回りに幅があり、戦略面で勝利を掴みにいけるという強みがあります。

Rion選手と共にチームを牽引、柔軟な頭脳派プレイヤー

頭脳派プレイヤーではあるものの撃ち合いもしっかりと強い安心感は、チームにとって有難すぎる存在。『VCT 2022 East Asia Last Chance Qualifier』では、Rion選手と共にneth選手がチームを勝利に導いていく姿が印象的でした。「Crazy Rcoon」は『VALORANT Champions Tour 2023』のインターナショナルリーグの選考で落選しています。「Crazy Rcoon」の選手たちが今後どのような動向をするのか、ファンたちは見守っていきたいところです。

VALORANT日本最強プレイヤー第9位:『xnfri』

第9位は「NORTHEPTION」に所属するxnfri選手。同チームのMeteor選手と共にチームを勝利へ牽引していく存在です。フィジカルが強く、精度の高いフリックショットで敵を次々と倒すシーンが印象的。どのキャラクターでも使いこなすことができる柔軟性を持ち、チームの不足を補えるように与えられた役割を冷静に、着実にこなすことができる選手です。

与えられた役割を確実にこなし勝利をもぎ取る仕事人

広い視野を持ち、チームにとっての最適な立ち回りを取捨選択して行動ができ、勝利に貢献するプレイヤーです。『2022 VCT Stage2 – Challengers JAPAN Playoffs Finals』では「ZETA DIVISION」に勝利するという功績を収めた「NORTHEPTION」。その勝利にはxnfri選手の力は必要不可欠でした。

VALORANT日本最強プレイヤー第10位:『oitaN』

第10位は「IGZIST」に所属するoitaN選手。ロールはセンチネルを担当。引き出しが広く、頭脳を使った堅実な立ち回りを行える選手です。防衛力が高く、容易に突破させないという、正に理想のセンチネルの動きで勝利に貢献します。ピックの幅が広くキルジョイ、チェンバー、ヴァイパーなど多種多様なキャラクターを扱うことが出来る点も強み。

対戦相手には厄介すぎる、防衛特化型の日本最強プレイヤー

強固な守りが特徴である上に、フィジカル面も高いという敵チームからすると非常に厄介なプレイヤーです。『2022 VCT Stage1 – Challengers JAPAN Playoffs Day2』では「Fav gaming」と対戦し、1VS1の状況でスパイクの解除に成功。その大胆な行動に観戦者を驚かせ、華麗に決勝進出を決めました。

【世界】VALORANTの注目すべき最強プレイヤー

ここまで日本の最強プレイヤーをご紹介してきましたが、『VALORANT』には世界で活躍するプレイヤーたちが、多数存在します。ここからは、注目すべき世界的プレイヤーをピックアップしてご紹介致します!

VALORANTの世界最強プレイヤー1:『cNed』

valorant cned

『VALORANT Champions 2021』で優勝したチーム「Acend」に所属するcNed選手。世界一のジェット使いと呼ばれ、そのプレイに誰もが魅了されました。フィジカル、反応速度、スキルの使い方どれをとってもトップクラス。『VALORANT Champions 2021』では敵を次々なぎ倒していく恐ろしい強さを見せつけました。

所属チーム「Acend」は『VALORANT Champions Tour 2023』のインターナショナルリーグで落選を受けており、cNed選手は2023年は別チームに移籍する可能性があります。毎年、様々な種類のVALORANTの大会が開催されています。特に、世界中の強豪チームが集結し、cNed選手のような世界で活躍するプレイヤーの試合が観戦できる公式世界大会は一見の価値ありです。

VALORANTの大会についてより詳しく知りたい方は「VALORANT(ヴァロラント)の大会概要、大会日程とは?」をご覧ください。

VALORANTの世界最強プレイヤー2:『yay』

valorant yay

『VALORANT Champions 2022』で2位を獲得した「OpTic Gaming」に所属するyay選手は最強プレイヤーを語る中で外せません。プリエイムの正確性がとてつもなく高く、yay選手が照準を置いたところに敵が吸い込まれていると錯覚するほど。ジェットのナーフを受け、『VALORANT Champions 2022』では主にチェンバーを使用しています。美しすぎるエイム力を持ち、「世界最強のスナイパー」といっても過言ではないでしょう。

2021年、2022年と競技シーンで活躍をし続け、チームの勝利を牽引するスター選手の1人。的確な位置取りと予測、高精度なエイム力を併せ持ち、1人で何人もの敵プレイヤーをキルしていく姿は美しさすら感じます。アメリカ代表の所属チーム「OpTic Gaming」が『VALORANT Champions Tour 2023』のインターナショナルリーグで落選を受け、解散予定であることからyay選手は他チームに移籍する可能性があります。

VALORANTの世界最強プレイヤー3:『crashies』

valorant crashies

yay選手と同じく、アメリカ代表「OpTic Gaming」に所属するcrashies選手も外せません。スキル使用、味方のカバーが上手く、チームの縁の下の力持ち。イニシエーターのロールを担当しています。ソーヴァ、スカイ、KAY/Oを使用し、的確な状況判断を行いながらチームをサポートし、勝利に貢献します。サポートが上手いものの、フィジカル面も非常に高いのが優れた点。ピンチの際は1人で複数キルを稼ぎ、チームを勝利へ導く場面も。高いサポート力とフィジカルの両方を併せ持つ、貴重な選手です。

VALORANTの世界最強プレイヤー4:『nAts』

Valorant Nats

「Gambit」に所属していたnAts選手。現在は無所属となります。『VALORANT Champions Tour 2021』では世界大会でありながら、KDA10という驚異の戦績を叩きだした試合もあり、その強さは計り知れません。競技シーンにおいて「自身は死なずに、敵をキルする」という何よりも難しいことをさも簡単そうにやってのける、実力と安定感のある選手です。ヴァイパーやサイファーといったサポートキャラクターを使用しながらも敵を蹂躙していける戦闘力の高さは、誰にも止められません。今後どのチームに所属しその名をまた轟かせるのか、非常に楽しみな選手です。

まとめ

今回は、日本国内を中心に『VALORANT』の最強プレイヤーランキングをご紹介し、注目すべき世界最強プレイヤーにも触れました。世界的に見るとeスポーツへの進出が遅かった日本ですが、現在では日本国内だけでも世界に通用するプレイヤーたちは多数存在しています。国際的な公式世界大会『VALORANT Champions Tour』で功績をあげた、日本チーム「ZETA DIVISION」は優れた選手の集まりです。しかし、その他のチームにも沢山の優秀なプレイヤーがおり、日本における『VALORANT』の競技シーンの未来は明るいでしょう。人数の関係でランキングに掲載できなかった強い選手もまだまだ沢山いますし、今後も更に強い選手たちが登場する筈です。ますます盛り上がっていくと思われる、『VALORANT』の競技シーンに今後も目が離せません!