最新ニュース
おすすめeスポーツベッティングサイト
pinnacle
Pinnacle
業界屈指の 高オッズ ベット上限なし
Pinnacle: レビュー
今すぐベット
bcgame
BC Game
10,000USD まで 270%ボーナス
BC Game: レビュー
今すぐベット
crypto leo logo
CryptoLeo
最大3,000USDTまで 150%ボーナス
CryptoLeo: レビュー
今すぐベット
stake logo
Stake
2500円入金不要ボーナス 200%初回入金ボーナス
Stake: レビュー
今すぐベット
jackbit logo
Jackbit
50フリースピン コード:WELCOME
Jackbit: レビュー
今すぐベット
最新の解説記事

未だ世界中で人気上昇中となっているeスポーツ。実際にゲームをプレイしている人はもちろん、「プロゲーマー」という職業や今後オリンピックの正式種目に選ばれる可能性があるとして、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

さらに、近年では海外を中心にeスポーツに対して賭けを行う「eスポーツベッティング」も人気が急上昇しているのをご存じでしょうか?ブックメーカーやオンラインカジノではeスポーツも賭けの対象として取り扱っており、他のスポーツと同じようにギャンブルを楽しむことができるのです。

今回は、eスポーツベッティングを始める方法や遊び方、注意すべきポイントなどを詳しく解説して行きます。

eスポーツ ギャンブル

eスポーツベッティングとは?ブックメーカーについても解説

ブックメーカーとは、ヨーロッパやアメリカなど海外に拠点を置いている政府公認の賭け事をサービスとして提供している業者・胴元を意味しています。日本では「ノミ屋」をイメージするとわかりやすいと思います。日本国内では個人のノミ屋やノミ行為は基本的に違法となっておりますが、ブックメーカーは海外を拠点としており、イギリスやアメリカでは合法的に運営されています。そのような国では一般的の方々も利用しており、スポーツバーなどの身近な場所で賭け事を行えるようになっています。

ブックメーカーではLoLやCS:GOの世界大会である「LoL Worlds」や「CS:GO Major」はもちろん、プロリーグや世界大会が行われる規模のゲームは賭けの対象として取り扱っており、実際に賭けることができます。また、ブックメーカーではeスポーツベッティング以外にも、世界中のスポーツや政治、ユニークなものでは「ノーベル賞は誰になるのか?」や「人類が火星に到着するのはいつ頃なのか?」といったことも賭けの対象となっています。

eスポーツベッティングは安全?ブックメーカーの注意点とは

日本でも多くの方がブックメーカーをオンラインで楽しんでいますが、安心してプレイを行うためにはいくつか注意しなくてはいけない点もあります。

eスポーツベッティングを行う際の注意点 ①:ライセンスの確認

これから利用しようとしているブックメーカーが信頼できるのかを見極める基準として、政府が発行しているライセンスを取得しているかが重要になります。各ブックメーカーは合法的に運営するにあたり、政府から発行されるライセンスを取得している必要があります。ライセンスを取得しているブックメーカーはウェブサイト上やヘルプページなどに取得しているライセンス名やライセンス番号が必ず記載されています。

ライセンスの種類には「マルタライセンス」や「キュラソーライセン」、「ジブラルタルライセンス」、「カワナケライセンス」などが存在します。ライセンスの確認ができないブックメーカーは合法的に運営されているのかも怪しく、入金はできるが出金ができないなどのトラブルが起こる可能性もあるため注意しましょう。

アカウントを登録する前や入金を行う前に、利用するブックメーカーはライセンスを取得しているのか?ネットでの口コミや評判は良いものか?など、確認することをおすすめします。

eスポーツベッティングを行う際の注意点 ②:本人確認書類の用意

基本的にブックメーカーではアカウント登録から入金、実際にeスポーツベッティングを遊ぶまではスムーズに行える場合が多いです。しかし、多くのブックメーカーでは初めて勝利金を出金する際に運転免許証や住民票、パスポートなどの本人確認書類の提出が必要とされています。

提出が必要な理由としては、第三者による不正な出金を防ぐためやマネーロンダリングなどの犯罪を防止するといった目的があります。万が一、本人確認書類を持っていないという方は eスポーツベッティングを始める前にあらかじめ用意しておくことをおすすめします。

eスポーツベッティングを行う際の注意点 ③:出金条件の確認

ブックメーカーによっては出金条件 (引き出し条件) というものが存在します。簡単に説明しますと、出金を行うために何ドル分のプレイが必要か?という条件になります。例えば、100ドル分の入金を行った場合は出金するために100ドル分のベットを行う必要がある、などのルールが設けられています。

出金条件は各ブックメーカーによって条件や割合が異なるため、eスポーツベッティングを始める前に公式ウェブサイトやサポートページなどで確認するようにしましょう。必要な時に出金できないなどのトラブルを防ぐためにも、すぐに引き出しが必要な場合は十分に注意するようにしましょう。

eスポーツベッティングを行う際の注意点 ④:オッズの違い

最近では各ブックメーカー間で大きくオッズが異なることはありませんが、eスポーツの試合や大会によっては若干の違いが生まれる場合があります。中級者から上級者の方々は、賭ける試合やチームを決定した後、実際にeスポーツベッティングを行う前に3~5つのブックメーカでオッズを比較し、最もオッズの高いブックメーカーを利用するプレイヤーもいるそうです。

ライブeスポーツオッズ
PGL Major Copenhagen Asia RMR
27/02/2024 06:30 UTC
TYLOO
vs.
ATOX
LDL
27/02/2024 08:00 UTC
Thundertalk Youth
vs.
Rare Atom Period
LCK CL
27/02/2024 08:00 UTC
Nongshim Academy
vs.
FearX Youth
ESL Challenger League Oceania
27/02/2024 09:00 UTC
Canon Event
vs.
MAKING HISTORY
LPL
27/02/2024 09:00 UTC
Bilibili
vs.
ThunderTalk

eスポーツベッティングで賭けることのできるゲームタイトル

多くのブックメーカーやオンラインカジノでは、さまざまなeスポーツを賭けの対象として取り扱いはじめており、日本国内で人気のあるゲームタイトルは以下の通りです。

日本国内でもお馴染みのゲームタイトルが並んでおり、APEXやValorantに賭けることも可能です。

eスポーツベッティングの賭け方や種類について

ここではブックメーカーでの代表的な賭け方やベットタイプを紹介いたします。ゲームタイトルやeスポーツの大会、試合内容によって若干の違いはあるものの、基本的に賭け方はどれも似ております。LoLの世界大会「LoL Worlds 2022」やCS:GOなどで実際に行われたオッズも触れていますので、気になる方はご確認ください。

eスポーツベッティングの代表的な賭け方は以下の通りです。

勝敗予想

名前の通りどちらのプレイヤーもしくはチームが勝利するかを予想する賭け方です。ほとんど全てのブックメーカーで提供されているオッズであり、最も人気のある賭け方でもあります。

FIFAなどの引き分けがありえるスポーツゲームの場合は勝敗のみではなく引き分けを予想することもできます。

シンプルでわかりやすい賭け方なので、eスポーツベッティングを始めたばかりの初心者にもオススメの賭け方となります。

大会やイベントの勝者予想

勝敗予想に次いで人気なeスポーツベッティングが大会やイベントの勝者予想となります。
大会やトーナメントのチャンピオンを予想したり、リーグ戦の勝者を予想して賭けることとなります。eスポーツやゲームタイトルにより異なりますが、上位3位に入賞するチームを予想して賭けを行うこともできます。

単純な勝者予想に比べオッズも高く設定されているため、LoLやDota 2 ベットでは特に人気の賭け方です。自分の好きなチームや圧倒的に強いチームに賭ける方も多いです。

大会やトーナメントに自分が応援しているチームが参加している際に賭けてみてはいかがでしょうか。

ラウンド・マップの勝者

eスポーツやゲームによっては、特定のラウンドまたはマップの勝者を予想して賭けを行うこともできます。

例えば、VALORANTやレインボーシックス、CS2 ベットなどが当てはまり、試合の勝者予想に加え、各ラウンドはどちらが取るのか?といったeスポーツベッティング方法が可能となります。

オーバー / アンダー

オーバー/アンダーもさまざまなeスポーツベッティングで見る一般的な賭け方となります。ルールは簡単で、正確なスコアがわからない場合にスコアが特定の数値を上回っているか下回っているかに賭けることとなります。

スコアはeスポーツにより異なり、両チームのキル数や各試合の取得ラウンド数などさまざまな種類の賭け方が存在します。

試合時間・タイム

試合時間に対して賭けるタイプのeスポーツベッティングとなります。オーバーウォッチのような試合時間が設けられている場合、延長戦に突入するかどうか、などを賭けることができます。

ファーストブラッド

ファーストブラッド (FB) とは、ValorantやCS:GOといったFPSによくある賭け方でどのプレイヤーが最初にキルを取るかといった賭け方となります。

ハンディキャップ予想

ハンディキャップ (ハンデ) 付きの勝敗予想を行います。eスポーツにより数値は異なりますが「+1.5」や「-2」といったハンデやビハインドを、試合の最終スコアに加えて勝敗を予想します。

eスポーツ ブックメーカー

eスポーツベッティングのオッズについて

ここでは直近の大会で実際に行われたオッズをいくつか紹介したいと思います。
*ブックメーカーによりオッズは若干異なる場合があります。

LoL Worlds 2022のオッズ

LoLの世界大会「LoL Worlds 2022」の決勝戦のオッズは次の通りです。

LoL Worlds 2022 決勝戦・ファイナル

T1 [1.28] vs [3.75] DRX

この場合、チーム「T1」が勝利した場合は賭け金の1.28倍、「DRX」が勝利した場合は3.75倍となっています。ちなみに、この試合では「DRX」が勝利を収めました。

LoL Worlds 2022 の勝者予想

こちらはLoL Worlds 2022開始直前の優勝者・チャンピオン予想のオッズとなります。

チーム名オッズ (倍率)
Gen.G2.55
JD Gaming2.75
T14.00
Top Esports9.00
DWG KIA11.00
Royal Never Give Up13.00
G2 Esports17.00
Cloud920.00
DRX21.00
Rogue45.00
Evil Geniuses50.00
Fnatic55.00
Team Liquid65.00
LOUD501.00
MAD Lions101.00
CTBC Flying Oyster151.00
100 Thieves201.00
GAM Esports251.00
Saigon Buffalo301.00
Istanbul Wildcats301.00
DetonatioN FocusMe301.00
Beyond Gaming501.00
Isurus999.00
Chiefs Esports Club999.00

eスポーツベッティングの遊び方 まとめ

今回はeスポーツベッティングの遊び方を解説させていただきました。eスポーツに興味を持ち始めている人も増えており、eスポーツの市場規模は毎年成長しています。そのような背景から今後も人気タイトルを中心にeスポーツベッティングが流行るのではないか、と大いに予想されます。

YouTubeなどの配信サービスでeスポーツベッティングを配信している方も増えており、実際に稼いでいる人も少なくありません。注意点としては、本記事でも解説した通り、eスポーツベッティングを始める際はライセンスの有無や評判を必ず確認し、安全にプレイを行うようにしましょう。